第210回 日本初の実業家から共同創造時代へメッセージ

【風の時代を自分らしく生きている人シリーズ】

前回より引き続き、
ニューワールドプロデューサー・山本時嗣(ときおみ)さんと
お部屋の魔法学校の校長先生の山田ヒロミさんです。

風の時代を生きるヒントを時嗣さんに話していただきます。

もし生きてたら弟子入りしたいと願った人物。
NHK の大河ドラマ「晴天を衝け」のモデル、渋沢栄一さん。

500社以上の会社、最初の銀行、最初の株式会社を作り、
現在私たちが使っている日本円を最初に発案して両から円に変えた。
SDGsやサスティナブルは、明治時代に渋沢栄一氏がしていてほぼ実現していた!

福沢諭吉氏は「慶応大学」を作り「学問のススメ」の著者で学問・先生業の方。
一方、渋沢栄一氏は、実業家で、実体経済を作り同時に社会貢献をする方。

2024年 渋沢栄一氏が一万円札の顔になると日本人の意識はどのように変わるのか。

風の時代・共同創造の時代に、渋沢栄一氏が生きていたらどんなメッセージを残すのでしょうか。

どうぞお楽しみに!

山本時嗣さんが、渋沢栄一氏を好きすぎて出版した本。
1916年に発行された渋沢栄一著『論語と算盤』漫画化。
シナリオを書いています。
www.amazon.co.jp/dp/4334951333

山田ヒロミさん ※時嗣さんプロデュース
今日あるいいこと今日今あることに目を向けられる先取り日記
『未来先取り日記』
www.amazon.co.jp/dp/4804763635
濱田真由美さん共同著書

生まれ変わったみたいに人生にいいことがいっぱい起こる本
『宇宙とつながる“お部屋の魔法”』
www.amazon.co.jp/dp/4804763503

山本時嗣さん  https://tokichan.com/
山田ヒロミさん https://ameblo.jp/oheyanomahou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です